手術・透析・リハビリテーションについて

日南春光会病院の手術・透析・リハビリテーションについて。手術・透析・リハビリテーションの詳しい内容はこちらからご覧ください。

手術Operation

消化器の手術を中心として取り組んでいます。
従来の開腹手術に加え、今後は腹腔鏡下手術を積極的に取り入れていきたいと考えています。
患者様に安心して手術を受けていただけるよう、手術室スタッフで様々な取り組みを行っています。

透析Dialysis

透析

血液をいったん体の外に出し、人工腎臓(ダイアライザー)の透析膜を通して血液中に溜まった老廃物と余分な水分を取り除き、きれいになった血液を体の中に戻す治療法です。
通常、週に3回、1回に4時間かけて行います。
治療中は、医師や看護師、さらには高性能の透析監視装置が絶えず状態を把握しているので安心です。

リハビリテーションGastroscope

「 この病院に来てよかった 」と思っていただける、満足度の高いリハビリテーションの提供を目標に、 地域に根ざしたハートフルなリハビリテーションを患者様とともに実践します。

当院の特徴

当院の特徴

入院では、急性期の一般病棟と慢性期の医療療養型との二面性を持ち、亜急性期から維持期のリハビリが中心となっており、地域医療を支える病院として幅広い患者様の受け入れを行っています。
一般外来においても整形疾患全般や脳血管障害を中心として幅広く対応しています。

リハビリ科より

リハビリ科より

リハビリ科は、理学療法士 3名 作業療法士 1名によって構成されております。
当院は、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、介護福祉士などが、患者様を中心にチームを組み、社会復帰そして生活の質(QOL)の向上を目標として地域医療に取り組んでいきます。
患者様、皆様が一日も早く回復、元気に退院されますことを願い、また地域の方々の毎日を支える健康保持に貢献できるように、日々努力しております。