大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

大腸カメラ

同日に胃カメラ・大腸カメラのセット検査ができます!

検査中は薬で眠っていただき、苦痛を最小限に抑えた検査の実施に努めています。
また、安心して検査を受けていただくため、入院検査も行っています。
内視鏡室では、人と環境にやさしいオゾン水による内視鏡消毒機を使用し、感染防止対策に取り組んでいます。

チェックポイントCheck Point

大腸カメラ

リラックスして検査を受けていただくため個室を完備しています。
前処置と検査後しばらくは個室でゆっくりお過ごしください。

大腸がんが増えています!!

男性のがんの死因第3位、女性のがんの死因第1位です。

早期の大腸がんの場合、自覚症状はほとんどありません。

粘膜を越えてがんが広がるにつれて、次第に症状が現れるようになります。
次の症状のある方は、大腸内視鏡検査をおススメします。

排便の変化
  • 血便(血液が混じった便)が出る
  • 下血(げけつ:肛門からの出血)が起きる
  • 便が細くなる
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 便が残っている感じがする
お腹の変化
  • お腹が張っていると感じる
  • 腹痛が起きる
  • お腹にしこりがある
そのほかの変化
  • 貧血が起きる
  • 嘔吐(おうと)する
  • 急に体重が落ちている

検査中にポリープを発見した場合は、その場で切除することも可能です。

  1. 大腸ポリープ

    大腸ポリープ

  2. ポリープの下に薬液を注入して病変を持ち上げます。

    ポリープの下に薬液を注入して病変を持ち上げます。

  3. ポリープにスネア(輪状のワイヤー)をかぶせます。

    ポリープにスネア(輪状のワイヤー)をかぶせます。

  4. ワイヤーを徐々に縮めてポリープを焼き切ります。

    ワイヤーを徐々に縮めてポリープを焼き切ります。

  5. 切除完了。

    切除完了。

  6. 粘膜の欠損した部分に止血クリップをします。(クリップは1ヶ月ほどで自然に外れて排泄されます)

    粘膜の欠損した部分に止血クリップをします。(クリップは1ヶ月ほどで自然に外れて排泄されます)