胃カメラ(胃内視鏡検査)

胃カメラ(胃内視鏡検査)

最新のレーザー光源の内視鏡により、高画質な画像での検査が可能となったため、小さな異常でも早期に発見できるようになりました。
従来の口からの経口内視鏡と鼻からの経鼻内視鏡、どちらの検査も可能です。
同日に胃カメラ・大腸カメラのセット検査ができます!

経鼻内視鏡(胃カメラ)Nasal Endoscopy

苦痛の少ない鼻からの内視鏡を早期に導入し、数多くの実績があります。
「オェッ」となる咽頭反射がなく、鼻の局所麻酔のみで検査を行うため、検査中ご自分の胃の画像を確認しながら説明を受けることもできます。
検査終了後すぐにお帰りいただけます。(車の運転も可能です)

経口内視鏡(胃カメラ)Oral Endoscope

経口内視鏡(胃カメラ)

従来の口からの内視鏡です。
検査の苦痛を減らすため、お薬でウトウトした状態で検査を行います。
検査終了後は麻酔が覚めるまで個室でゆっくりお休みいただきます。

対象となる症状Symptom

疾患症状
胃食道逆流症(GERD)~逆流性食道炎 胸やけ、酸っぱい水がこみ上げてくる感じ、食べものがつかえる感じ、げっぷ
胃・十二指腸潰 腹痛、吐き気、吐血、下血
胃のポリープ・腫瘍 食べものの通りが悪い、便秘

Q & Aよくある質問

胃の内視鏡検査を受けたいのですが、、、

来院前日までにお電話にて予約をお取り下さい。
(空きがあれば当日検査も可能ですが、事前に診察を受けてからになります。)
検査当日は、朝食をとらずにお越しいただくことになりますが、服用しているお薬の種類によっては1週間前から止めていただく場合があります。
カメラを鼻と口どちらから入れるかは、詳しい説明の後にお決めいただけます。
なお、急患対応の場合はこの限りではありません。